性感染症

性行為を介して感染する病気です。いろいろな病気があります。主なものには次の疾患があります。またこれらの感染症にかかった場合はご本人だけでなく、パートナーの検査や治療も必要になります。STDにかかったかもと心配になったら迷わずご相談ください。

クラミジア感染症

STDのなかで最も多い感染症です。1~3週間ほどの潜伏期間があり、女性では子宮頚管炎や骨盤内感染をおこします。おりものが多くなりますが50~70%は症状がないとも言われています。感染が進むと不妊の原因にもなります。

淋病

クラミジアの次に多い感染症です。1回の性行為での感染率は30%と高い感染症です。 潜伏期間は1週間弱で、粘液性・膿性のおりものがあります。自覚症状が無いことがあります。無治療の場合、不妊の原因にもなります。

尖圭コンジローマ

ヒトパピローマウイルスによって発症します。潜伏期間は3か月~数年といわれています。外陰・腟・子宮頚部・肛門周囲に乳頭状のいぼができます。治療は塗り薬や液体窒素で焼灼します。治療しても3か月以内で4人に1人は再発するといわれていますので、治療後、3か月間は経過観察が必要です。

性器ヘルペス

ヘルペスに初めて感染して発症すると感染機会から3~5日して、外陰部に潰瘍や水泡ができ強い痛みを感じます。足の付け根のリンパ節も腫れます。そのほか、発熱や全身倦怠感などの症状も見られます。髄膜炎や排尿困難など重症化することもあります。