一般婦人科

女性の一生において、月経の開始から妊娠・出産、更年期などホルモンバランスの変化が生じます。生理は通常は28日~35日の周期でおこりますが、周期がバラバラだったり、生理痛が強かったり、量が多くて外出や仕事にも影響がでたり貧血になることもあります。
生理が重い方の中に子宮筋腫や子宮内膜症が見つかることもあります。

このような症状があればご相談ください。

● 生理の異常

生理の周期が不順で生理の量が極端に少なかったり、反対に多くて外出や仕事に困ることがしばしばある。貧血を指摘された。生理痛が強くて、寝込んでしまうことがある。生理前にイライラしたり、むくんだり、頭痛があったりする。

● 不正出血

生理以外に不規則な出血がある。閉経したのに生理のような出血がある。

● 外陰部の異常

かゆみ、痛み、腫れている。かゆみで最も多いのがカンジダ腟炎です。腟剤を1週間ほど使用することで改善します。

● おりものの違和感

普段のおりものと違い量が多い、色が付いている、においが気になる。腟炎やクラミジアなどの感染症をおこしていることがあります。

● 妊娠の相談

そろそろ妊娠したい、2人目がなかなか出来ない、など。当院ではタイミング指導やホルモン検査もしています。不妊専門の医療機関を受診するのはまだ、、、と思っている方、ご相談ください。
※ 一部、自費となる診察や検査もございます。

● 下腹部痛

お腹がはる、いままで着ていたズボンやスカートが急にきつくなった。慢性的にお腹が痛む。婦人科で検査しても異常が認められなかった場合、専門の医療機関へご紹介させていただきます。