更年期

更年期とは


女性は40歳代ころより少しずつ卵巣機能が低下し始めます。およそ1年間、生理がこなくなった状態を閉経と呼びます。一般的な閉経年齢は50歳前後ですが、その前後45~55歳頃までを更年期といいます。更年期には女性ホルモンが減少するため、体がその減少による変化についていけず、様々な変調をきたしやすくなります。症状は様々で、またその症状の程度には個人差があります。

更年期症状のいろいろ

更年期は生理不順から始まることが多く、それに伴いホットフラッシュ(ほてり・発汗・のぼせ)や動悸、関節痛(肩こり、腰痛)、しびれ、手足の冷え、イライラ、不安感、不眠などの症状があります。また更年期にうつ症状を呈することもあります。女性ホルモンの減少で腟の粘膜が弱くなり、出血や腟炎も起こしやすくなります。更年期の症状は多種多様のため、中には別の病気が隠れていることもあります。似たような症状は甲状腺の病気、うつ病、糖尿病などでも起こります。また症状がなくても女性ホルモンの減少により、動脈硬化が進みやすくなり、骨がもろくなり易くなります。

これらの症状でお悩みの方、更年期が心配な方はぜひご相談ください。

更年期の治療

ホットフラッシュが主な症状である場合は女性ホルモンを補充するホルモン補充療法(HRT)が効果的です。HRTには飲み薬や貼り薬、塗り薬があります。治療開始時の生理の有無で生理を今まで通り定期的におこす方法と生理を起こさない方法があります。治療効果はどちらも同様ですので、患者様に選んでいただくことができます。

HRT以外には、漢方によって更年期症状を緩和することができます。冷えや動悸、イライラなどの精神症状が強い女性には漢方の方が効くこともあります。またHRTが合わなかったり、ホルモン治療によって悪化する可能性のある病気をお持ちの方、もしくは過去にされたことのある方でも漢方を使用することができます。そのほか、プラセンタやサプリメントなどの治療もあります。